トップレベルドメインの狙い目は.asiaと.name

| コメント(0)

.com, .net, .orgのgTLD御三家のうち、まず.comは公式に取得されるとして、他もあっという間に取得されます。.info, .bizもまた然りで、私のようにある日突然思い付いてドメインを取ろうと思ったときには、軒並みそれらは全滅しています。

ところがsTLDの.asiaや、一応gTLDである.nameなどは、結構残っていることが多いようです。

これらのWHOISを見ても分かりますが、出遅れ感が否めない時期にようやく取ったことが分かります。

ということで、ファンサイトなどを作る際には、ニュースが流れてすぐにドメインを押さえられるような機動的な生活を送れる人を除いては、foobarfan.comなどに流れるか、或いは素直にこれらのfoobar.nameやfoobar.asiaなどのTLDを取るという選択肢があると提唱しておきます。

いやぁ、狙い目だというよりも、「不人気なのでいつまでも残っています」ということを紹介しているだけの記事になってきた気がしました。

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年6月28日 18:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable TypeでのシンタックスハイライトはMT::Plugin::VimColorで」です。

次のブログ記事は「ディスク容量超過の恐怖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト