Movable Typeのアーカイブマッピングでtext/plainになる

| コメント(0)

最近ずっとWordPressを触っていたのですが、このサイトではMovable Typeに戻りました。

で、いわゆるパーマリンクURIの設定で、つい拡張子を付けるのを忘れてしまいました。例えば、/%y/%m/%Eという形で。そうすると何が起こるかというと、HTTPレスポンスのContent-Typeがtext/plainになるんですね。IE7はそれでも表示してくれてしまいますが、むしろそれがおかしいのであって、FirefoxをはじめとしたまっとうなUAはきちんとプレーンテキストで表示してくれます。

ということで、簡単な解決策としては/%y/%m/%E.htmlのようにすることですが、やろうと思えばAddTypeしてMIMEタイプを指定できるのでは、とは思います。しかし、拡張子なしの場合の.htaccessの記述方法がすぐに分からなかったので素直に諦めました。

追記DefaultTypeで行けますね。ただし、副作用の大きさが心配なので、素直に拡張子.html付きのままにしています。

なお、Text::MicroTemplateをMTとも略せるので、Movable TypeのMTと混同しそうでタイトルを変えた小心者とは私のことです。

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年6月28日 04:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ArkのChainedアクションの連鎖を止める」です。

次のブログ記事は「no Mouseするとblessedやconfessが名前空間から除かれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト