Movable TypeでのシンタックスハイライトはMT::Plugin::VimColorで

| コメント(0)

タイトルの通りではあるのですが、JavaScriptによらないシンタックスハイライトとして、シンプルですが手軽で分かりやすいプラグインがMT::Plugin::VimColorですね。

これとMarkdownの組み合わせで、コードを貼り付けるのがとても楽になって、今はとても嬉しいです。パーマリンクURIも/yyyy/mm/post_%E.htmlにしたので、記事を書くための心の障壁がかなり下がって、気楽に書けるような気がします。

導入に当たって気をつける点は、

  • /mt/plugins/VimColor/VimColor.plとしたら、/mt/plugins/VimColor/libText::VimColorPath::Classも置くか、或いは/mt/extlib/に置いてVimColor.pluse lib '/virtual/USERNAME/public_html/mt/extlib';するなどして、依存モジュールを忘れずに入れておく。
  • アーカイブテンプレートだけでなく、「ブログ記事の概要」テンプレートにも手を入れておく

といったところでしょうか。

追記:WordPressにもWPVimColorPHP Markdownのプラグインがあることを知ったので、今度試してみようと思います。

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年6月28日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ID(識別子)の検討(内部データを使えるだろうか)」です。

次のブログ記事は「トップレベルドメインの狙い目は.asiaと.name」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト