画面遷移図もどき(2)

| コメント(0) | トラックバック(4)

懲りずにFF14のユーザー向けウェブシステム"Amikeco"(仮称)の画面遷移図もどきです。前回の2009/07/02版との間違い探しの様相を呈してきました。

このシステムでなくても、FF14然り、一般的なMMORPG然り、ユーザー向けCGIスクリプトを作る上での基本的な事項が読み取れるかも知れません。単なる大枠の設計で、PerlやらRubyやらといった言語にも左右されない肝の部分ですので、例えばPerl + Catalystだとか、私のようなPerl + Arkで実装するのも一興でしょうし、勉強かたがたRuby on Railsで組んでみるのも面白いと思います。

画面遷移図(もどき) 2009/07/06版

A3で印刷しても厳しいのに、横1955px * 縦3072pxなラスターイメージだと文字が潰れてしまっていますが、心の目で読むといい感じです。

transition_diagram_20090706.gif

トラックバック(4)

Data::Modelでは、現段階ではリレーションをサポートしていません。作者の... 続きを読む

HTML::FormFuや、現在開発中のアプリケーションで使わせていただいている... 続きを読む

Data::Modelでのリレーション(1)で、Data::Modelに大きくて... 続きを読む

前回機能概観を記したついでに、ER図もどきを晒しておきます。 ER図を作成する前... 続きを読む

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年7月 6日 22:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Text::SimpleTableの最小列幅が2になった」です。

次のブログ記事は「Data::Modelでのリレーション(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト