Arkによるリンク集サンプルアプリケーション(3) 詳細設計編

| コメント(0) | トラックバック(1)

Arkのサンプルアプリケーション開発の第3回は、詳細設計です。

Webアプリケーションはその構成要素が決まっているようなもので、今回のような簡単なアプリケーションの場合、使用言語や使用モジュールを決めたら、後はデータ項目を決めるくらいで十分です。

以下に、それらを簡単に紹介します。

詳細設計といっても(以下略)

構成と使用モジュール

  • HTTPバックエンドは取り敢えずCGIとする。CGIでもこれくらいのレスポンスで動かせるという実例を示して、Arkのユーザーの輪を広げたい。まあ、現実的にVPSでもない限りCGIにならざるを得ないわけだが。
  • MVCフレームワークであるArkを使用する(HTTPバックエンドとの仲立ちはHTTP::Engineが行う)。
  • データバックエンドはSQLiteとする。MySQLのDB数の制限などがあるので。XREA plusやcoreserver契約でないこのサイトのことも想定している(MT4でDBが潰れている)。場合によっては(スクリプトを広く使っていただくという意味では)CSVの方が良いかも知れない。
  • ModelにはData::Modelを使用する。
  • ViewにはText::MicroTemplate::Extendedを使用する。
  • フォームクリエーター&バリデーターにはHTML::Shakanを使う。
  • 運用環境はXREA(plus契約なし)とする。s345サーバーの場合、Apache 1.3.37, Perl 5.8.8, SQLite 3.3.7である。

綺麗なER図は要らない

ドキュメントが何のためにあるかというと、壮大なアプリケーションの見通しを付けるためであったり、大人数が関わるプロジェクトの意思疎通の切っ掛けとするためであったりします。今回の場合はそれらとは無縁なので、モデルとその項目・モデル間の関係を書き散らかす程度でも問題ありません。

ark-sample-simplelinks_03.jpg

次回はscaffold

それでは、次回はArkのscaffoldを回してアプリケーションの雛形を作っていきましょう。

トラックバック(1)

FFXIVの一次情報が目下のところ少ないながらも、それらを独自の視点を交えて紹介... 続きを読む

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年7月26日 16:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Arkによるリンク集サンプルアプリケーション(2) 外部設計編」です。

次のブログ記事は「Arkによるリンク集サンプルアプリケーション(4) Scaffold(雛形作成)編」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト