s/licence/license/xmsgi;

| コメント(0)

ArkとData::Modelのサンプルアプリケーションを作っていますが、この間のコミットはどうしようもない修正点でした。掲題の通りのスペルミスです。

ミスというほどのものではない(イギリス式の綴り)なのですが、通りがよいのはアメリカ式なので直しておきました。scaffolod付きのウェブアプリケーションフレームワークでは、雛形を書き間違えると酷いことになるという一例として、他山の石としてください。

なお、ここまで書いておいて何ですが、題名の正規表現置換は正しくありません。s/(licen)(c)(e)/$1 . ( $2 eq 'c' ? 's' : 'S' ) . $3/xmsgie;とするなど、大文字小文字をしっかり見なければなりません。もうちょっと技巧に走ると、ASCIIコード値のcとsおよびCとSの差分は同じなので、ビット計算しても良いです(良かぁねえよ、という突っ込みはご勘弁ください)。

それにしても、コミット単位が大きすぎるきらいがあるので、なんとかしたいところです。

ところで、ダミアン先生のPBP的にxmsは固定として、残りのgieのオプションをどう並べるか、tarのオプションのように悩んだことはありませんか?

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年8月 1日 22:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「XREAからcoreserverに引っ越しました」です。

次のブログ記事は「Arkアプリケーションの開発者テストでTest::Perl::Criticを使う」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト