Moose入門研修(Introduction to Moose)のスライドを日本語訳しました

| コメント(2) | トラックバック(5)

Moose入門研修(Introduction to Moose)のスライドを日本語訳してみました。

演習問題(未訳)を含む日本語版の一式はGitHubのリポジトリに置いています。興味のある方は、git clone git://github.com/gardejo/moose-presentations.gitするなどして入手してみてください。

石垣さん(charsbarさん)のとてもわかりやすいMooseドキュメント日本語訳には及びもつかない翻訳ですが、用語の訳語を適宜剽窃しつつ、今回は取り敢えず粗訳・試訳からの出発ということで一発japaneseブランチを切ってみました。

原書はDavid Rolskyさん(DROLSKY)さんによる力作です。git clone git://git.moose.perl.org/moose-presentations.gitで入手出来ます。CC-BY-SA 3.0でライセンスされていますので、日本語版という派生物を今回公開させていただきました。日本語版のライセンスも、原書を継承してCC-BY-SA 3.0です。

補足事項や所感などを以下に簡単に述べます。

日本語訳の意図

一言で表現すると私のMoose愛の成せる業なのですが、もう少し噛み砕きます。

Mooseは素晴らしい

Mooseは素晴らしいポストモダンオブジェクト指向プログラミング環境をPerl mongerに提供してくれます。私も使い始めて半年ほど経ちますが、その明快さと利便性に日々感謝しています。

Perlを使う方でまだMooseをご存じでなかったり、Mooseを食わず嫌いしてしまっている方々へ、この素晴らしさに是非触れてもらいたいと思っています。

Moose研修も素晴らしい

また、このスライドと演習問題を使う講座は、YAPC::Asia 2009特別研修の一つである「Moose入門、モダーンなオブジェクト指向システム」と同じカリキュラムです。

私は特別研修に参加する機会に恵まれたので、そのあまりの素晴らしさに狂喜乱舞して半月ほど前に感想の記事を書きました。

上記の感想記事で書いていますが、スライドと演習問題だけを用いて独習することが出来るので、是非これらの資源を活用していただきたいと思っています。

スライドは現在272ページありますが、その内容はコードと端的な説明の繰り返しですので、実は日本語訳がなくても分かりやすい内容です。とはいえ日本語の方が親しみやすいという方もいるはず(恥ずかしながら、私もそうです)ですので、日本語版をご用意してみました。

スライドの注意点

新しめのウェブブラウザで閲覧してください

スライドはS5というスライドショーシステムに基づくもので、XHTML + CSS + JavaScriptで成り立っています。ですのでウェブブラウザで閲覧することが出来ます。

ただし、その際は出来るだけ新しめのウェブブラウザを使ってください。

企業の悪友であるIE6では、原書は開けたのですが日本語版は開けませでした。理由は調べ切れていません。IE7では開けますが、とても重いです。

日本語化の方針

訳文を書いた場所

元のDOM要素に片っ端からclass="en"として、各要素をコピーしてclass="ja"を作って、そこに翻訳を書いています。従って、ファイルの容量はほぼ2倍になっています。

英語要素はスタイルシートで.en {display: none;}して非表示にし、日本語要素だけを表示しています。

ぼやけた日本語が書いてある場合、そのすぐ側に原文が書いてありますので、適宜そちらを参照してください。

訳注の存在

研修では講師の方の説明がありますが、スライドだけで独習する場合も想定して、研修でShown M Mooreさん(sartakさん)が仰った内容などを適宜「訳注」として補足しています。

「訳注:」などとベタに書いているほか、class="annotation"として、本文と見分けが付くように点線で括った灰色文字としてスタイル付けしています。

訳注がうるさく感じられるなら、.annotation {display: none;}していただければ黙らせることが出来ます。

まだまだ怪しい訳があります

訳出に困る文言や言い回しなど、特に自信がない部分などは、備忘録としてclass="memorandum"を適用した文字列を残しています。黙らせたいなら上記と同様に.memorandum {display: none;}としてください。

スタイルの変更

一部のスタイル付けをもう少し見易くしました。

必要に応じて、自分で見易いスタイルにしていただけます。

今後へ向けて

本家の変更を追います

演習翌日に「かっとなって」翻訳を始めた後で微妙に放置してしまいましたが、今日GitHubに上げようとして気付いたら本家のスライドが随分成長していて焦りました。MooseX::*小旅行が増えたり、説明がより充実していたりしましたが、それらに何とか追い着いたつもりです。

スライドと演習問題は日々成長していますので、日本語版でもそれを出来るだけ追い掛けていきたいです。

演習問題も翻訳します

スライドだけでなく演習問題などの翻訳も行い、「独習Moose」の日本語環境を整える一助になれば、と切に願っています。

追記 : 演習問題の説明文も翻訳しました。

JPAのプロジェクトに寄与したいです

相当程度に訳文の品質が高まったら、JPAPerl ドキュメンテーション 和訳プロジェクトにこの内容を寄与出来れば、と夢想しています。

gitとGitHubの使い方をちゃんと調べます

取り敢えず

  1. 本家からgit cloneして
  2. git branch japanesejapaneseブランチを切って
  3. git checkout japaneseでそちらに切り替えて
  4. git add moose-class/slides/index.htmlでスライド本文をコミット対象に加えて
  5. git commit -m "crudely translated into Japanese"でコミットして
  6. git remote add github git@github.com:gardejo/moose-presentationでGitHubをリモートリポジトリに加えて、
  7. git push github japaneseでリモートリポジトリを更新した

ということでGitHubに持って行きましたが、私のすることですから安心は出来ません。

私はgitの使い方が怪しいので、これからちゃんと体系的に勉強しようと思います。

追記 : ありがたいことに、はてなブックマークで、石垣さん(charsbarさん)から「本家をforkしてからブランチを切った方が管理は楽だったかも」というご指摘をいただきました。目下、『入門Git』を購入して熟読中です。

ご意見・ご感想

自分で書いてしまうのも情けない話ですが、かなり地雷が多い翻訳です。全力でdisられそうな予感もしますが、翻訳がなっとらんというご批判はありがたく頂戴します。一式はGitHubで公開しているので、「俺がもっと上手に翻訳してやる」という方は是非forkしてください。

一方で、「これはこのように説明するといいよ」だとか「ここはこうしたサンプルコードが最適だよ」などといった日本語訳以外の部分については、Daveさんにご指摘いただく方が良いです。

Moose入門研修を、みんなでよりよいものにしていきましょう!

トラックバック(5)

Shawn M Mooreさん(sartakさん)による研修「Moose入門、モ... 続きを読む

前の記事への追記をしたのですが、一応念のため新しい記事でもご連絡しておきます。M... 続きを読む

「のーぶるじゃすぱー」略して「のぶじゃす」のBLOG - Moose入門研修を日本語訳した人がいたっ! (2009年10月14日 15:46)

Moose入門研修(Introduction to Moose)のスライドを日本語訳しました - Eorzea Lounge世の中にはなんて素晴らしい人が... 続きを読む

まったく、時の経つのは早いもので、2009年の年の瀬も押し迫ってきました。夏休み... 続きを読む

「文法最速マスター」というタイムリーなネタに半ば悪のりしてしまいましたが、はてブ... 続きを読む

コメント(2)

どうもありがとうございます!これは日本人や教官に有用ですよ

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2009年10月 6日 22:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「広告掲載を現段階ではお断りした件」です。

次のブログ記事は「Moose入門研修の演習問題を訳出 ~ gitの使い方の反省」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト