2010年2月アーカイブ

人肌のPerl

| コメント(0)

「文法最速マスター」というタイムリーなネタに半ば悪のりしてしまいましたが、はてブLivedoorクリップなどで拙稿の「Moose & Mouse基本文法最速マスター/The Fastest Way to Mastering Moose & Mouse」が先週末にホッテントリ入りしたようです。ご覧いただきましてどうもありがとうございます。

日本ではYAPC::Asia 2008などが契機となったのか、2008年の半ばにMoooooooooooooooooooose!の潮流が大きく促進されました。そして2010年の現在、MooseはもうPerlハッカーの方々だけのものではなく、私のような一般のPerlユーザーにもとても近い存在になっています。そうした土壌があることも、奏功した一因かと考えています。

思い返せば、私がMooseを触り始めたのは2008年の後半でした。2009年2月に出たlestrratさんの『モダンPerl入門』には大いに感銘を受けました。5月には2万行くらいの私的な開発案件に投入して、その威力を再確認しました。7月にGitHubのJPAリポジトリにpushされたcharsbarさんによるMoose::ManualMoose::Cookbookの邦訳版は、JPAのドキュメント和訳プロジェクトでの公開を待たずして、JPAの発表を知ったその日にPODをHTML化して印刷し、当初から印刷していた原語版共々愛読しています。これにはかなり助けられました。そして10月。YAPC::Asia特別研修「Moose入門」が開催され、中の人であるsartakさん直々の仕込みにひたすら感激しました。「最速マスター」を書けるようになったのも、ひとえにこうした方々の成果があったためです。私は日々皆さんに感謝しながらコードを書いています。

そうした感動を何とか還元したくて、スライド和訳してみたりクイックリファレンスシート(チートシート)を書いたりしました。今回の「最速マスター」もその一環として位置付けたつもりです。

二ヶ月弱もこのブログを放っておいたので、「最速マスター」をここで公開しようかとも考えましたが、先日書いた通り、perl-mongers.orgにお世話になることにしました。理由をもう少し捕捉しておくと、公益性が多少ありそうな入門記事を折角書いたのだから、ここのような「どこの馬の骨とも知れない場末ドメインのインチキブログ」で公開するよりは、「多くの方にご覧頂けそうで、かつ、公益性があって信頼の出来る場所」に公開したいと考えたからです。

公益性を感じられるドメイン名が既にあり、登録すれば誰でも寄稿出来る仕組みが既にあり、実際に多くの記事が既に投稿されている。この環境はとても素晴らしいものだと思います。perl-mongers.orgを立ち上げたvkgtaroさん、サイトを現在ホストしているworemacxさんに、とても感謝しているところです。

言語や処理系へ大会社のサポートがあるといっても、それらは実際には大して頼りにならず、そのうえ日々「バグだ」「いや仕様漏れだ」「何だと、瑕疵担保条項を発動するぞ」「そもそも要件定義からして腐っていたんだ」などと前から後ろから弾丸が飛び交う場所で設計・開発・試験して、祈りながら実行して飯を食べている私は、コミュニティーに感謝しながら楽しく設計・開発・試験して、実行結果を安心して見守れるPerlを心のオアシスとして生きているのかも知れません。

これは完全な私感になりますけれども、Rubyでプログラミングを楽しめる一方で、PerlにはCPANやコミュニティーを含めた楽しさや居心地の良さを他の言語よりも強く感じます。

Perlコミュニティーにはperl-users.jpや各地の*.pmもあります。基本文法オブジェクト指向XSなどの「最速マスター」シリーズも盛んです。勿論、こんな美味しい方法論が放っておかれるわけもなくて、他の言語の暖かいコミュニティーでもhogehoge-usersが出来たり、「hogehoge文法最速マスター」が公開されたりしています。でも、それらの嚆矢がPerlであったということは、Perlユーザーは誇ってもいいと思うのです。

私はそんなPerlが大好きです。

今般Moose/Mouseを使い始めようとする方に奉仕するのは、私の義務であり喜びでもあります。どうか、Moose/Mouseによる楽しいプログラミングを、Perlコミュニティーの体温を感じながら味わってください。

ところで、体温といえば、私は投稿した日に風邪を引いたらしくて摂氏37度になりました。ぎゃふん。

Moose & Mouseの私家版クイックリファレンスシート(チートシート)を作ってみました。

PDF版とODT版の両方を置いておきます。

moose_quick_ref.png

OpenOffice.orgは無料で入手出来ますので、オレオレチートシートの元ネタとしてもお使いいただけるかも知れません。

そもそもMooseにはOliver GorwitsさんによるMoose Quick-Ref Cardというチートシートが昔からあります。これは奥深いMooseの世界が端的にまとめられた素晴らしいものです。ただ、幾つかオレオレ仕様にしたい点がありました。

そんな日々を送っていると、『Web制作の現場で使うjQueryデザイン入門』の付録にフルカラーのjQueryチートシートが付いていることを知りました。これに触発されて作り始めたという経緯があります。

当初はこの2倍くらいの量があったのですが、だったら流行りの「基本文法最速マスター」に悪のりしてしまおうとしたのが「Moose & Mouse基本文法最速マスター/The Fastest Way to Mastering Moose & Mouse」という副産物です。

ところで、上述のjQuery本はプログラマー向けというよりは意匠デザイナー向けの本であるので、カラフルなチートシートで間口を広く取るのは大正解だと思います。一方、今回作ったMoose & Mouseチートシートは白黒灰の3色かつ無味乾燥な作りになっているので、初学者向けのチートシートにはなっていません。カラフルでA4両面くらに日本語の説明文をふんだんに盛り込んだ初学者向けのシートも併せて作りたかったのですが、意匠センスが決定的に不足しているので断念しました。

Moose/Mouseの素敵なプログラミングを体験する人が増えることを期待していますので、ナウなヤングにバカウケなイけてるシートを公開してくださる偉い人の登場を心待ちにしています。

とはいえ今回のシートも多少は物を考えて書いたつもりです。苦心した点を以下に簡単にまとめておきます。

二ヶ月弱のご無沙汰でしたが、あ、ありのまま起こったことを(略)。

MooseMoose Quick-Ref Cardというクイックリファレンスカード(チートシート)へネイティブトレートによるヘルパーメソッドだけ追加して今風にするつもりで私家版チートシートを書いていたら、いつの間にか「Moose & Mouse基本文法最速マスター/The Fastest Way to Mastering Moose & Mouse」になってしまいました。

下書きをしていたら流行りの「基本文法最速マスター」のような内容になったので、折角なので各種の情報を参考にしつつ、説明文などを追加して公開してみました。「基本」文法でないものも少なからず混じっていますが、副産物なのでご容赦ください。また、Moose用語は可能な限り元の英語を併記していますが、Moose用語以外の英語への訳出はいい加減です。ごめんなさい。

誤っている点, ご不明な点, 冗長すぎてかえって初学者を混乱させかねないため削除すべき点などがありましたら、上記記事へのコメントやトラックバックなどでお寄せいただければ幸いです。適宜改訂します。また、CC-BYライセンスなので、「とても見ていられないので俺が全面的に書き直してしまえ」という企ても歓迎です。

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年12月です。

次のアーカイブは2010年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト