人肌のPerl

| コメント(0)

「文法最速マスター」というタイムリーなネタに半ば悪のりしてしまいましたが、はてブLivedoorクリップなどで拙稿の「Moose & Mouse基本文法最速マスター/The Fastest Way to Mastering Moose & Mouse」が先週末にホッテントリ入りしたようです。ご覧いただきましてどうもありがとうございます。

日本ではYAPC::Asia 2008などが契機となったのか、2008年の半ばにMoooooooooooooooooooose!の潮流が大きく促進されました。そして2010年の現在、MooseはもうPerlハッカーの方々だけのものではなく、私のような一般のPerlユーザーにもとても近い存在になっています。そうした土壌があることも、奏功した一因かと考えています。

思い返せば、私がMooseを触り始めたのは2008年の後半でした。2009年2月に出たlestrratさんの『モダンPerl入門』には大いに感銘を受けました。5月には2万行くらいの私的な開発案件に投入して、その威力を再確認しました。7月にGitHubのJPAリポジトリにpushされたcharsbarさんによるMoose::ManualMoose::Cookbookの邦訳版は、JPAのドキュメント和訳プロジェクトでの公開を待たずして、JPAの発表を知ったその日にPODをHTML化して印刷し、当初から印刷していた原語版共々愛読しています。これにはかなり助けられました。そして10月。YAPC::Asia特別研修「Moose入門」が開催され、中の人であるsartakさん直々の仕込みにひたすら感激しました。「最速マスター」を書けるようになったのも、ひとえにこうした方々の成果があったためです。私は日々皆さんに感謝しながらコードを書いています。

そうした感動を何とか還元したくて、スライド和訳してみたりクイックリファレンスシート(チートシート)を書いたりしました。今回の「最速マスター」もその一環として位置付けたつもりです。

二ヶ月弱もこのブログを放っておいたので、「最速マスター」をここで公開しようかとも考えましたが、先日書いた通り、perl-mongers.orgにお世話になることにしました。理由をもう少し捕捉しておくと、公益性が多少ありそうな入門記事を折角書いたのだから、ここのような「どこの馬の骨とも知れない場末ドメインのインチキブログ」で公開するよりは、「多くの方にご覧頂けそうで、かつ、公益性があって信頼の出来る場所」に公開したいと考えたからです。

公益性を感じられるドメイン名が既にあり、登録すれば誰でも寄稿出来る仕組みが既にあり、実際に多くの記事が既に投稿されている。この環境はとても素晴らしいものだと思います。perl-mongers.orgを立ち上げたvkgtaroさん、サイトを現在ホストしているworemacxさんに、とても感謝しているところです。

言語や処理系へ大会社のサポートがあるといっても、それらは実際には大して頼りにならず、そのうえ日々「バグだ」「いや仕様漏れだ」「何だと、瑕疵担保条項を発動するぞ」「そもそも要件定義からして腐っていたんだ」などと前から後ろから弾丸が飛び交う場所で設計・開発・試験して、祈りながら実行して飯を食べている私は、コミュニティーに感謝しながら楽しく設計・開発・試験して、実行結果を安心して見守れるPerlを心のオアシスとして生きているのかも知れません。

これは完全な私感になりますけれども、Rubyでプログラミングを楽しめる一方で、PerlにはCPANやコミュニティーを含めた楽しさや居心地の良さを他の言語よりも強く感じます。

Perlコミュニティーにはperl-users.jpや各地の*.pmもあります。基本文法オブジェクト指向XSなどの「最速マスター」シリーズも盛んです。勿論、こんな美味しい方法論が放っておかれるわけもなくて、他の言語の暖かいコミュニティーでもhogehoge-usersが出来たり、「hogehoge文法最速マスター」が公開されたりしています。でも、それらの嚆矢がPerlであったということは、Perlユーザーは誇ってもいいと思うのです。

私はそんなPerlが大好きです。

今般Moose/Mouseを使い始めようとする方に奉仕するのは、私の義務であり喜びでもあります。どうか、Moose/Mouseによる楽しいプログラミングを、Perlコミュニティーの体温を感じながら味わってください。

ところで、体温といえば、私は投稿した日に風邪を引いたらしくて摂氏37度になりました。ぎゃふん。

コメントする

筆者"Gardejo"について

  • Twitter: @gardejo
  • GitHub: gardejo
  • CodeRepos: gardejo
  • CPAN: MORIYA

このサイトについて

Eorzea System Worksは、架空のシステム開発結社です。

FF14.name (FinalFantasyXIV.name)では、アヴァター(プレイヤーキャラクター)の管理システムやイベント出欠・リマインダシステムや、リンクシェル(LS)運営・管理システムやDKPシステムなどを設計・開発・公開する予定です。

関連サイト

関連サイトでは、他にもFF14に関連するサイトをいくつか紹介しています。

リンク, トラックバック歓迎

このブログへのリンク(どのページでも構いません)やトラックバックを歓迎します。

設計・開発・運用の参考にさせていただきますので、コメントもお気軽にお寄せください!

個別の記事に対するご意見などのほか、目安箱もご用意しています。

このブログ記事について

このページは、Gardejoが2010年2月21日 09:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Moose & Mouseの私家版クイックリファレンスシート(チートシート)を作りました」です。

次のブログ記事は「試訳「Mooseの未来」 ~ Moose開発ブログより」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2014年2月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

やや真面目なサイト